新着情報

TOP > 新着情報 > 飲食店等における消火器の設置基準が改正されます

飲食店等における消火器の設置基準が改正されます 2019.10.01

 

令和元年10月1日から飲食店等における消火器の設置基準が改正されます

料理店・飲食店等(消防法施行令別表第一(3)項)について、従来は延べ面積150平方メートル以上から設置義務がありましたが、この改正により「火を使用する設備または器具を設けた飲食店等」については、面積に関係なく消火器の設置が必要となりました。

(火を使用する設備または器具を設けた場合でも「防火上有効な措置として総務省令で定める措置が講じられたもの」は除かれます。詳しくは消防局までお問い合わせください。)

飲食店を運営されている会員様は今一度、ご確認をお願いします。

詳細は大分市ホームページ、大分市消防局予防課または、各消防署までお願いします。